プラスはお金が好きであるという話は望ましく聞くと思います。たとえば福沢諭吉は(10000円荷札は)さみしがり屋であるとかあります。正にお金持ちほどお金が得する明かしにありつけてしまうことが多いようです。それでは私たちはお金持ちにならないといったいけないのうでしょうか。我々はそうでないと思います。

とある正式に書いてあったことですが、自分の払えるものをもらえということがありました。これはどういうことかと言うとスポーツカーが欲しいが今の給与では苦しいので手早く昇進して、選べるようになろう、ということをしないことだ。現状でしばらく余裕で払える愛車を買いなさいということです。また、お金がまるで自由にできないのならそもそも愛車を買うことをあきらめバイクを買ってみたらどうにかということです。

プラスは単なる分量にすぎません。プラスは信頼の立証と言いますが、たよりを持ってもらっているパーソンならプラスはそんなに大事なものではありません。軒並み大きなお金に魅了されるようですが、例えばくじで3億円が当たったやつはどうするのでしょうか。答申は住居を買い、愛車を買い、あとは大きい食費に使い果たすそうです。その後はプラスの用法が分からなくなるそうです。

何方であれそもそも育った住居があり、一本立ちを正にするのは親が死んでからと言えると思います。ですので、パラサイトと言われるかもしれませんが親と共に住みながら元金を稼ぐ感じで働けば良いと思います。ブライダルし、乳幼児ができたら、元金は住居のために使うようにするだけです。それができるのであれば、それ以上のプラスは必要ありません。

プラスを中心に物事を考えてしまうのは世間のせいです。どんなものでもプラスで売られており、TVでも巷も、プラスを使わせるような売り込みだらけだからだ。そんなものに振り回されないようにすれば、プラスに縛られないようにできるのではないでしょうか。黒ずみにおすすめのアイテムは、どれ?